TOP > 九州地方での災害
Small Medium Large

平成 28 年熊本を中心とする九州地方での地震被災地へのお見舞い

公益社団法人日本補綴歯科学会
理事長 松村 英雄
社会連携委員会
委員長 佐々木啓一

 この度の熊本地震においても、熊本県を中心として九州地方に甚大な被害がでていることに心を痛めております。地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、被災された方々へ心よりお見舞いを申し上げます。

 ライフラインが絶たれた中での生活、避難所等での生活は、さぞご苦労なことでしょう。そして皆様の健康状態の悪化も懸念されます。このようななか、
お口の汚れ、入れ歯の汚れは、誤嚥性肺炎の発症など大変な状態を招くこともあります。少量の水でも、歯や入れ歯を可能な範囲で清掃することにもお気遣い下さるようにお願いします.

入れ歯をお使いの方へ

 避難所での集団生活、人前で入れ歯を外すのがはばかられたり、余震の不安で夜間も外すことのできない方もいらっしゃるかと思いますが、以下のことに注意してご使用ください。

 就寝時は外し、義歯洗浄剤か水中で保管するのが望ましいです。しかし、非常時ですのでその限りではありません。紛失にはくれぐれもご注意ください。
 痛みがある場合には無理に使わず、入れ歯を外してください。
 食後は必ず洗ってください。十分な水が確保できない場合は湿らしたガーゼやティッシュペーパーで汚れを拭き取ってください。
 こまめに水分を補給して、口内の保湿を心がけてください。

東北大学大学院歯学研究科 東日本大震災被災者への配布資料より改変引用

東日本大震災 関連情報

を参照してください。