TOP
 
 
公益社団法人 日本補綴歯科学会

 
TOP
 
INDEX
 

 
令和3年10月17日(日)
 
オンライン開催
 
大  会 長
樋口 大輔 (松本歯科大学歯科補綴学講座)
 
幹  事
 
大会長挨拶

ご挨拶

松本歯科大学歯科補綴学講座 主任教授
樋口 大輔

この度,令和3年度(公社)日本補綴歯科学会東海支部学術大会大会長を務めさせていただきます,樋口大輔です.この場を借りて皆様にご挨拶申し上げます.馬場一美理事長は咀嚼機能回復,食支援,栄養摂取を介した認知症対策という社会的問題にチャレンジする目標を設定いたしました.これは補綴治療による健康長寿の実現,ひいては社会的最重要課題である医療費削減にもつながることが期待される大きな目標です.
令和3年度の東海支部学術大会は令和3年10月17日(日)に開催致します.現在もコロナによる影響が見通せない状況であることから,本学術大会はオンライン開催と致しました.一般演題は口頭発表とし,質疑応答もオンライン上ではございますが,リアルタイムに行う予定です.
市民フォーラム,生涯学習公開セミナーはウェビナー形式を計画しております(市民フォーラムについては令和3年7月現在,本会に開催実施も含めを問い合わせ中).
専門医ケースプレゼンテーションはオンサイトとして松本歯科大学構内にて開催予定しておりますが,コロナ禍による入室制限を検討しております.ご理解頂ければ幸いです.
なお,昨年度より支部学術大会の当日会費は本会主導により一人2千円となりました.振り込まれた方に抄録集の発送およびパスワードを発行する予定です.学術大会に関する詳細については随時,学会支部HP等に掲載致します.コロナ禍により状況が日々変化しておりますが,皆様にご迷惑とならぬよう,講座医局員一同努めて参ります.どうぞよろしくお願い致します.

このページのTOPへ

 
 
 
 
 
 
   
 
当サイトに掲載されている情報および画像データは、転用、販売、領布するなど無断で二次利用することを固く禁じます。
Copyright(C)2011. insidefield co.,Ltd All rights reserved.