TOP > 委員会活動
Small Medium Large
日本補綴歯科学会について
 目的・活動内容  情報公開  理事長からの挨拶  定款  規程集  倫理綱領  利益相反(COI)  役員  委員会活動  支部長会  臨床研究
委員会活動  
 
学術 編集 財務
広報 医療問題検討診療ガイドライン
教育問題検討 専門医制度 専門医認定
社会連携 国際渉外 規程検討
用語検討 研究企画推進 特命委員1
特命委員2 JPR編集 倫理審査 利益相反
平成29・30年度 学術委員会
1. 構成
委員長 馬場一美(昭和大)
副委員長 江草 宏(東北大)
委 員 疋田一洋(北医療大),馬場俊輔(大歯大),鮎川保則(九州大),
上田貴之(東歯大),笛木賢治(医歯大),槇原絵理(九歯大),
横山紗和子(東京支部),峯 篤史(大阪大)
幹 事 高場雅之(昭和大)
2. 活動方針

1. 重要領域研究の推進と学術大会各企画の趣旨の明確化
2. 補綴関連学会との連携と関連領域における学術活動の主導
3. 多様性・階層性を基盤とした歯科補綴学の専門性・特殊性の明確化
4. 学術交流協定学会との国際セッションの企画
5. 歯科技工士・歯科衛生士との連携強化
6. 歯学部学生・研修医を対象とした教育課題の拡充
7. 補綴歯科臨床研鑽会(プロソ‘17,18)等を通した補綴歯科治療教育の推進
8. 学術大会への参加者と会員数の増加

平成29・30年度 編集委員会
1. 構成
委員長 大久保力廣(鶴見大)
副委員長 藤澤政紀(明海大)
委 員 石垣尚一(大阪大),金澤 学(医歯大),二川浩樹(広島大),
羽鳥弘毅(松歯大),福西美弥(昭和大),正木千尋(九歯大),
松村英雄(日本大),谷田部 優(東京支部)
幹 事 佐藤洋平(鶴見大)
2. 活動方針

1. 質の高い,全会員の感興がわく日本補綴歯科学会誌の年4回の発行
 1)ハイクオリティーな提言,総説の充実
 2)補綴臨床技術の向上と学術の発展を目指した情報提供
 3)円滑で迅速な査読・編集システムの実現
 4)表紙,紙面レイアウト変更の検討
 5)会員の裾野を広げる紙面企画
 6)編集委員会独自の新企画の実現

2. 学術大会抄録と支部抄録のデジタルアーカイブ化

平成29・30年度 財務委員会
1. 構成
委員長 水口俊介(医歯大)
副委員長 山下秀一郎(東歯大)
委 員 坂口 究(北海道大)
幹 事 猪越正直(医歯大)
2. 活動方針

1. 支部および学術大会校の活動資金運用システムの管理および各種マニュアルの整備
2. 学会財務管理・運用の承認
3. 支部および学術大会校の月例収支報告書の作成
4. 日中韓3ヶ国合同補綴学会、プロソのような本学術大会以外の学会事業の予算案の検討
5. 学術大会決算案の検討および承認
6. 次年度学術大会予算案の検討および承認
7. 各委員会の100万円を超す支出に関する相見積もりの検討と承認
8. 公印の管理
9. 次期委員会および支部予算案の収集
10. 次年度予算書の作成
11. 本年度決算書の作成
12. 財務委員会の開催(メール会議を含む)
13. 公益社団法人としての財産運用上の問題点の抽出ならびにその改善
14. 具体化した公益事業活動内容に関する財務上の審議

平成29・30年度 広報委員会
1. 構成
委員長 越野 寿(北医療大)
副委員長 都尾元宣(朝日大)
委 員 菊池雅彦(東北大),猪子芳美(日歯大新潟),岡本和彦(明海大),
月村直樹(日本大),重田優子(鶴見大),中村隆志(大阪大),
田地 豪(広島大),松浦尚志(福歯大)
幹 事 豊下祥史(北医療大)
2. 活動方針

1.  学会HPの管理運営
 1) 理事長,総務,事務局,委託先(インサイドフィールド)とHP運営についての確認
 2) 学会HPの効率的な活用方法についての検討
 3) 各委員会の最新情報の提供

2. Letter for Membersの発行
 1) PDFによる配信(カラー版)
 2) 年2回の発行(10月号,翌年4月号)

3. メールマガジンの発行
 コンテンツの再考ならびに隔週発行への変更に関する検討

4. 英文ホームページの実用化
 日本補綴歯科学会英文ホームページの内容に関する検討

5. 各支部HPと本会HPの表示内容の整理

6. 広く国民へ向けた「補綴治療」の啓発ページの追加・更新

平成29・30年度 医療問題検討委員会
1. 構成
委員長 田中昌博(大歯大)
副委員長 五味治徳(日歯大)
委 員 佐藤裕二(昭和大),鈴木哲也(医歯大),南 弘之(鹿児島大),
近藤尚知(岩手医大),田上直美(長崎大)竹内義真(日本大)
幹 事 田中順子(大歯大)
2. 活動方針

1. 社会保険関連
 1)医療技術関連
  (1)平成30年度診療報酬改定用厚生労働省医療技術評価ヒアリングへの参加
  (2)新たな医療技術(保険未収載技術)の提案
  (3)現医療技術(保険既収載技術)の検討
  (4)先進医療技術の検討
  (5)選定療養の検討
  (6)診療指針、検査指針の作成
  (7)ポジションペーパーの作成
 2)歯学系学会社会保険委員会(歯保連)への参加
 3)日本歯科医師会社会保険疑義事項検討委員会への参加
 4)日本歯科医師会保険適用検討委員会への参加

2. 医療問題関連
 以下の医療問題の調査・検討
 1)歯科技工物海外委託問題,トレーサビリティー関連
 2)歯科技工士関連
 3)歯科衛生士関連
 4)CAD/CAM冠関連
 5)金銀パラジウム合金代替材料関連
 6)軟性義歯関連

平成29年度 診療ガイドライン委員会
1. 構成
委員長 小野高裕(新潟大)
副委員長 會田英紀(北医療大)
委 員 飯沼利光(日本大),尾澤昌悟(愛院大),中島純子(防衛医大),
松田謙一(大阪大),水口 一(岡山大)
幹 事 長谷川陽子(新潟大)
2. 活動方針

1. 新規ガイドラインとしての「補綴治療における感染対策のガイドライン」の作成(「補綴治療における感染対策指針2007」の改訂)
2. 「リラインとリベースのガイドライン」の改訂作業の継続と完成
3. 「ブラキシズムの診療ガイドライン(診断編)」の続編としての「ブラキシズムの診療ガイドライン(治療編)」の作成方針の策定
4. 公表から10年経過している本学会の既存ガイドラインの改訂に向けての方針決定作業(そのための委員会セミナー開催と会員からの意見聴取)
5. PAPのガイドラインの改訂(エビデンスの追加、適用の拡大)準備
6. ポジションペーパー,テクニカルアプレイザル等のテーマ候補の検討

平成29・30年度 教育問題検討委員会
1. 構成
委員長 澤瀬 隆(長崎大)
副委員長 築山 能大(九州大)
委 員 河野文昭(徳島大),古屋純一(医歯大),山下秀一郎(東歯大),
権田知也(大阪大)
幹 事 黒嶋伸一郎(長崎大)
2. 活動方針

歯科補綴学教育基準の改定
1. 超高齢社会に代表される昨今の社会情勢の変化や新たな治療技術を反映させた卒前卒後歯科補綴学教育基準の見直し
2. 歯科補綴学の所掌する領域の検討と重み付け,ならびに骨子に関する会員からのパブリックコメントの収集(平成29年度)
3. 収集されたパブリックコメントの精査,項目別の卒前・卒後教育の振り分け,ならびに最終的な歯科補綴学教育基準の作成(平成30年度)

平成29・30年度 専門医制度委員会
1. 構成
委員長 河相安彦(日大松戸)
副委員長 村田比呂司(長崎大)
委 員 魚島勝美(新潟大),中本哲自(松歯大),藤原 周(朝日大),
松山美和(徳島大),若林則幸(医歯大),北川 昇(昭和大),
小泉寛恭(日本大)
幹 事 大久保昌和(日大松戸)
2. 活動方針

1. 研修制度,カリキュラム,研修施設基準の改善
 1) 第三者評価機構に関する情報収集
 2) 現状の問題点整理・改善策の検討(研修・認定・試験制度,更新制度・研修施設等)
 3) 質保証の観点に関する情報収集・検討
 4) 1)〜3)を踏まえた具体的行動案の立案・具体的行動作業
 5) 筆記試験の質改善(プール問題データベース・ブラッシュアップ)

2. 補綴専門医の位置づけ
 1) 専門医制度の動向に関する整理
 2) 専門医制度の問題点整理
 3) 補綴専門医と関連専門医(高齢者歯科診療,インプラント診療,顎顔面補綴,口腔機能管理(指導)など)とのあり方に関する検討・答申

3. 新たな資格の必要性検討
 1) 認定医制度の必要性と専門医制度との相違点の論点整理
 2) 関連委員会との連携・協議し方向性の確認

4. プロソの企画
 1) プロソ2017の実施
 2) プロソ2018の企画案作成・実施
 3) プロソのあり方に関する検討

5. その他
 1) 専門医研修会(学術大会の企画)・支部申請の審査
 2) 専門医筆記試験の準備と実施

平成29・30年度 専門医認定委員会 
1. 構成
委員長 高橋 裕(福歯大)
副委員長 小川 匠(鶴見大)
委 員 金村清孝(岩手医大),黒川 裕臣(日歯大新潟),木本 統(日大松戸),
笛木賢治(医歯大),井野 智(神歯大),新村弘子(松歯大),
石垣尚一(大阪大),大倉一夫(徳島大),細川隆司(九歯大)
幹 事 川口智弘(福歯大)
2. 活動方針

1. 毎年4月および10月の専門医認定委員会開催
2. 専門医,指導医および認定研修機関の資格の適否の審議
3. 専門医および認定研修機関の認定
4. 新規指導医、新規終身指導医、新規認定研修機関の理事会への認定発議
5. 専門医症例報告の査読
6. 認定研修機関(乙)の実地調査
7. ケースプレゼンテーション審査指標の作成

平成29・30年度 社会連携委員会
1. 構成
委員長 山口泰彦(北海道大)
副委員長 関根秀志(奥羽大)
委 員 島田 淳(東京支部),坪田有史(東京支部)吉岡 文(愛院大)
幹 事 谷内田 渉(北海道大)
2. 活動方針

1. 市民フォーラムの企画・運営
2. 生涯学習セミナーの企画・運営
3. 地域で歯科医療に従事する会員の拡充
4. 補綴臨床術式の啓発/普及のための臨床コンテンツ作成
5. 補綴リーフレット「補綴歯科ってなに?」改訂の検討
6. 規程等の整備

平成29・30年度 国際渉外委員会
1. 構成
委員長 細川隆司(九歯大)
副委員長 小見山 道(日大松戸)
委 員 松香 芳三(徳島大),池邊一典(大阪大),渡邊郁哉(長崎大),
隅田由香(医歯大),有馬太郎(北海道大)
幹 事 近藤祐介(九歯大)
2. 活動方針

1. 海外学会との交流協定の確認,演者推薦,参加者動員,海外からの参加者支援等
 ・Asian Academy of Prosthodontics
 ・Korean Academy of Prosthodontics
 ・Chinese Prosthodontic Society
 ・Indian Prosthodontic Society
 ・日中韓補綴学会(2017年10月に中国、浙江省温州市で開催)
 ・Indonesian Prosthodontic Society
 ・IADR Prosthodontic Research Group(Awardの提供)
 ・International College of Prosthodontists(ICP)
 ・Greater New York Academy of Prosthodontics
 ・The American Prosthodontic Society
 ・Pacific Coast Society for Prosthodontics(2018年学術大会への演者招聘)
 ・European Prosthodontic Association

2. 国際連携研究(若手研究者国際交流助成制度)のあり方の検討,学会として実施可能な制度設計(案)の提示

平成29・30年度 規程検討委員会
1. 構成
委員長 武部 純(愛院大)
副委員長 佐藤 亨(東歯大)
委 員 小峰 太(日本大),新谷明一(日歯大),高山滋子(鶴見大)
幹 事 安藤彰浩(愛院大)
2. 活動方針

1. 規程等改正案および制定案に関する条文としての文章表現の確認と改正
2. 学会ホームページ上の規程集の更新
3. 現規程集における文言の整合性の確認と改正による規程集の整備

平成29・30年度 用語検討委員会
1. 構成
委員長 西村正宏(鹿児島大)
副委員長 岡崎定司(大歯大)
委 員 木本克彦(神歯大),秋葉陽介(新潟大),木本 統(日大松戸),
古地美佳(日本大)
幹 事 村上 格(鹿児島大)
2. 活動方針

1. 歯科補綴学専門用語集第5版の2019年3月発行を目的とした改定作業
 1) 第4版の問題点,新規収載すべき用語,削除すべき用語,付録の同義語などに関しての代議員メールおよびメルマガを用いた照会
 2) GTP-9との整合性の確認,コアカリ,国家試験・共用試験の出題基準ならびに他学会の用語の精査
 3) 専門家(代議員,日補綴会誌の査読者など)への編集依頼
 4) パブリックコメント実施(2回)

2. 用語集の電子化に関する素案の作成

平成29・30年度 研究企画推進委員会 
1. 構成
委員長 窪木拓男(岡山大)
副委員長 玉置勝司(神歯大)
委 員 大野 彩(岡山大),小川 徹(東北大),菊谷  武(日歯大),
菅沼岳史(昭和大),藤澤政紀(明海大),竜 正大(東歯大)
幹 事 前川賢治(岡山大)
2. 活動方針

1. 疫学調査の活動継続
 1) 東京都健康長寿医療センターとの共同研究継続(草津疫学調査)
 2) 会員からのコンペ形式による研究計画の募集と優秀者によるデータ解析,ならびに本学会学術大会における学会発表と論文発表
 3) データ解析担当者の任命による東京都健康長寿医療センターとの協力体制の強化

2. 大型研究予算の申請,獲得

3. 学術委員会,第2特命委員会との合同委員会の開催,クローズドなブレインストーミングによる本学会としての戦略的な研究企画推進,研究実施,ならびに出口戦略の構築

平成29・30年度 特命委員会1
1. 構成
委員長 津賀一弘(広島大)
委 員 石垣尚一(大阪大),飯田 崇(日大松戸),渡邊  恵(徳島大)
幹 事 吉川峰加(広島大)
2. 活動方針

1. 会員の裾野を拡げる事業の推進
 1 )補綴歯科専攻医制度(仮称)(卒直後研修医から補綴歯科専門医までの道のりを強化する制度)創設のための調査と制度の立案・設計
  (1) 他学会の制度を調査
  (2) 学術委員会,専門医制度委員会との連携による制度の立案・設計
 2) 認定歯科技工士制度(仮称)ならびに認定歯科衛生士制度(仮称)(高度の技術や熟練を要する補綴歯科技工や診療補助と予後管理への対応力を本学会が認定する制度)創設のための調査と制度の立案・設計
  (1) 他学会の制度を調査
  (2) 学術委員会,医療問題検討委員会との連携による制度の立案・設計

2. 男女共同参画を推進する事業
 1) 補綴歯科領域における男女共同参画状況および障害要因の調査
 2) 学会からの提言立案

平成29・30年度 特命委員会2
1. 構成
委員長 服部佳功(東北大)
委 員 池邊一典(大阪大),松山美和(徳島大),堀  一浩(新潟大),横山正起(日歯大)
幹 事 山口哲史(東北大)
2. 活動方針

1. 補綴学的口腔機能管理能力を持ったかかりつけ医(地域包括ケアを担う)の普及
2. 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針改正への対応
3. 老年歯科医学会との協働のもと,口腔機能(診断法)に関する臨床研究推進ならびに普及
4. 学会主導型プロジェクトの検討

平成29・30年度 JPR編集委員会
1. 構成
委員長 松村英雄(日本大)
副委員長 皆木省吾(岡山大)
委 員 熱田 生(九州大),鬼原英道(岩手医大),二川浩樹(広島大)
幹 事 小峰 太(日本大)
2. 活動方針

1. JPR編集の基本方針
 1)投稿原稿に対する可及的早期の採否判定
 2)受理された論文の早期公開と迅速な出版
 3)レイアウト変更等による掲載論文数の増加
 4) Reviewer 履歴の公表による査読担当者の社会貢献業績評価
 5)学会役員からの提言を編集方針に反映

2. JPR掲載論文の質の向上に対する取り組み
 1)企画論文,依頼論文等の検討
 2) JPR Best Paper Award 該当論文についての資料収集と所掌委員会への推薦
 3) JPRへの投稿者に対する各種研修の実施
 4)編集,査読担当者を対象とするセミナーの開催
 5)各種データベースの分析と対応

3. 編集および出版体制の充実
 1) JPRの冊子および電子版の編集,発行,配送,広報等
 2)会員に対するセミナー等の開催
 3) JPRプロモーションメールの配信
 4)各種データベースにおけるJPR掲載論文の分析

平成29年度 倫理審査委員会  
1. 構成
委員長 鱒見進一(九歯大)
副委員長 大川周治(明海大)
委 員 若林則幸(医歯大),篠原光代(順天堂大:外部),柴崎栄一(栄総合法律事務所:外部),
正岡直樹(東女医大:外部)
幹 事 槇原絵理(九歯大)
2. 活動方針

1. 倫理審査委員会をもたない医療施設および研究機関における本学会の会員が行うヒトを対象とした医学・歯学研究に対する迅速な倫理審査の実施.

平成29年度 利益相反委員会
1. 構成
委員長 小宮山彌太郎(東京支部)
副委員長 小出 馨(日歯大新潟)
委 員 志賀 博(日歯大),馬場一美(昭和大),柴崎栄一(栄総合法律事務所:外部)
幹 事 横山正起(日歯大)
2. 活動方針

1. 本学会および会員の産学連携活動により生じる利益相反問題の適正な管理と研究活動の推進
2. 社会に対する説明責任の遂行,ならびに会員および本会の名誉および社会的信用の保持