TOP > 委員会活動
Small Medium Large
日本補綴歯科学会について
 目的・活動内容  情報公開  理事長からの挨拶  定款  規程集  倫理綱領  利益相反(COI)  役員  委員会活動  支部長会  臨床研究
委員会活動  
 
学術 JPR編集 編集 財務
広報 医療問題検討 診療ガイドライン 教育問題検討
専門医制度 専門医認定 社会連携 国際渉外
規程検討 用語検討 研究企画推進 特命委員
倫理審査 利益相反    
令和元・2年度  学術委員会
1. 構成
委員長 水口俊介(医歯大)
副委員長 江草 宏(東北大)
委 員 疋田一洋(北医療大),馬場俊輔(大歯大),鮎川保則(九州大), 山下秀一郎(東歯大),谷田部優(東京支部),渡邉 恵(徳島大), 菅沼岳史(昭和大),正木千尋(九歯大)
幹 事 猪越正直(医歯大)
2. 活動方針

1. テーマ「食力向上による健康寿命の延伸」に即した学術企画の策定
2. 補綴歯科修練医・認定医・専門医制度の推進
3. 補綴歯科治療のCAD/CAM化の推進
4. 他領域の研究を活性化させるような研究の推進
5. 学術レベルのボトムアップ・意義の共有化
6. CAD/CAM,咀嚼機能検査の習熟等,歯科技工士・歯科衛生士を対象とした企画の検討

令和元・2年度  JPR編集委員会
1. 構成
委員長 細川隆司(九歯大)
副委員長 皆木省吾(岡山大)
委 員 池邉一典(大阪大),加来賢(新潟大),笛木賢治(医歯大), 柴田  陽(昭和大),多田紗弥夏(シンガポール大),新谷明一(日歯大)
幹 事 向坊太郎(九歯大)
2. 活動方針


1. JPR編集の基本方針

1) 投稿原稿に対する可及的早期の採否判定
2) 受理された論文の早期公開と迅速な出版
3) Reviewer 履歴の公表による査読担当者の社会貢献業績評価
4) 学会役員からの提言を編集方針に反映

2. JPR掲載論文の質の向上に対する取り組み

1) 企画論文,依頼論文等の検討
2) JPR Best Paper Award 該当論文についての資料収集と所掌委員会への推薦
3) JPRへの投稿者に対する各種研修の実施
4) 編集,査読担当者を対象とするセミナーの開催
5) 各種データベースの分析と対応

3. 編集および出版体制の充実

1) JPRの冊子および電子版の編集,発行,配送,広報等
2) 会員に対するセミナー等の開催
3) JPRプロモーションメールの配信
4) 各種データベースにおけるJPR掲載論文の分析

令和元・2年度  編集委員会
1. 構成
委員長 窪木拓男(岡山大)
副委員長 黒岩昭弘(松歯大)
委 員 二川浩樹(広島大),金澤 学(医歯大),鈴木秀典(関西支部), 福西美弥(昭和大)
幹 事 前川賢治(岡山大)
2. 活動方針

1. 前委員会の活動方針を踏襲しながら,巻頭言,From Editor,企画論文,依頼論文,原著論文,症例報告,専門医症例報告,年次学術大会や支部会の抄録集の発刊を行う.

2. 編集委員のマンパワーの削減に見合った効率的な編集プロセスに最適化する.

3. 会員サービスの向上に向けて,魅力ある紙面や企画の開発に努める.特に,以下の点に重点的に取り組む

1) 英文誌JPRとの共同企画
2) Technical Appraisalの新規充実
3) 抄録集の発行のシステム化

令和元・2年度  財務委員会
1. 構成
委員長 山口泰彦(北海道大)
副委員長 小見山道(日大松戸)
委 員 坂口 究(北海道大)
幹 事 前田正名(北海道大)
2. 活動方針

1. 支部および学術大会校の活動資金運用システムの管理および各種マニュアルの整備
2. 学会財務管理・運用の承認
3. 支部および学術大会校の月例収支報告書の作成
4. 次年度予算書の作成
5. 本年度決算書の作成
6. 学術大会予算案・決算案の検討および承認
7. 本会学術大会以外の学会事業の予算案の検討
8. 委員会および支部予算案の収集
9. 公印の管理
10. 財務委員会の開催
11. 公益社団法人としての財産運用上の問題点の抽出ならびにその改善
12. 具体化した公益事業活動内容に関する財務上の審議

令和元・2年度  広報委員会
1. 構成
委員長 佐藤裕二(昭和大)
副委員長 長島 正(大阪大)
委 員 近藤尚知(岩手医大),堀 一浩(新潟大),岡本和彦(明海大), 鈴木恭典(鶴見大),新村弘子(松歯大),田地  豪(広島大), 松浦尚志(福歯大),飯島裕之(東京支部)
幹 事 下平 修(昭和大)
2. 活動方針

1. 学会HPの管理運営:より迅速で効率的な新規掲載・更新を図る.
2. Letter for Membersの発行:年2回(10月,4月)PDF配信(カラー版)
3. メールマガジン発行(隔週):より見やすくし,配信者数を増やす.
4. フェイスブック:速報性も考慮してより充実し,閲覧者数の増加を図る.
5. 上記4種のメディア間の連携を高めて,相乗

令和元・2年度  医療問題検討委員会
1. 構成
委員長 山森徹雄(奥羽大)
副委員長 田上直美(長崎大)
委 員 猪子芳美(日歯大新潟),竹内義真(日本大),上田貴之(東歯大), 田邉憲昌(岩手医大),西山雄一郎(鶴見大),玉置勝司(神歯大)
幹 事 松本知生(奥羽大)

2. 活動方針

1. 社会保険関連

1) 医療技術関連

(1) 平成32年度診療報酬改定用厚生労働省医療技術評価ヒアリングへの参加
(2) 新たな医療技術(保険未収載技術)の提案
(3) 現医療技術(保険既収載技術)の検討
(4) 先進医療技術の検討
(5) 選定療養の検討
(6) 診療指針,検査指針の作成
(7) ポジションペーパーの作成

2) 歯学系学会社会保険委員会(歯保連)関連

(1) 歯学系学会社会保険委員会(歯保連)試案の作成
(2) 歯学系学会社会保険委員会(歯保連)への参加

3) 日本歯科医師会保険適用検討委員会への参加

4) その他


2.医療問題関連

種々医療問題の調査・検討

1) 歯科技工士関連
2) 歯科技工物トレーサビリティ関連
3) 歯科衛生士関連
4) CAD/CAM冠関連
5) 金銀パラジウム合金代替材料関連
6) その他

令和元・2年度  診療ガイドライン委員会
1. 構成
委員長 藤澤政紀(明海大)
副委員長 西村正宏(鹿児島大)
委 員 中島純子(東歯大),水口 一(岡山大),峯 篤史(大阪大), 鬼原英道(岩手医大),丸尾勝一郎(東京支部)
幹 事 佐藤雅介(明海大)
2. 活動方針

診療ガイドラインの継続的な見直しと改定

1. Mindsを通じた意義ある提言作成
2. 感染対策指針の改定
3. 他学会と連携したガイドラインの作成ならびに評価

令和元・2年度  教育問題検討委員会
1. 構成
委員長 飯沼利光(日本大)
副委員長 菊池雅彦(東北大)
委 員 田口則宏(鹿児島大),権田知也(大阪大),鷹岡竜一(東京支部), 長谷川陽子(新潟大)
幹 事 池田貴之(日本大)
2. 活動方針

1. 卒前卒後歯科補綴学教育基準および補綴歯科修練医・認定医・専門医の研修カリキュラムの整備
2.補綴専門医のレベル担保の具体的な基準の設定
3.歯科補綴学における技術伝承とイノベーションの融合

令和元・2年度  修練医・認定医・専門医制度委員会
1. 構成
委員長 河相安彦(日大松戸)
副委員長 関根秀志(奥羽大)
委 員 魚島勝美(新潟大),若林則幸(医歯大),小泉寛恭(日本大), 隅田由香(医歯大),原  哲也(岡山大),石垣尚一(大阪大), 髙橋一也(大歯大)
幹 事 大久保昌和(日大松戸)
2. 活動方針

1. 日本歯科専門医機構の認定に向けての作業

1) 日本歯科専門医評価機構に関する情報収集
2) 認証に向け研修制度,カリキュラム,研修施設基準の問題点整理
3) 2)の改善策の検討
4) 補綴歯科専門医の質保証に関する問題点整理
5) 歯科専門医制度(基本領域)に関する整理
6) 歯科専門医制度(サブスペシアリティー)に関する整理

2. 専門医,指導医,認定研修機関の新規認定および更新作業

1) 新規認定及び更新作業における問題点と改善策

3. 修練医・認定医の新設を含めた新専門医制度の運用

1) 修練医・認定医制度のアウトカムの整理
2) 修練医・認定医制度の質保証に関する整理

4. 診療技術の向上を目的とした講演会等の開催

1) 学術大会時および各支部主催の専門医研修会の開催
2) 支部申請の専門医研修会の審査
3) プロソ19’の実施
4) プロソ’のあり方に関する検討

5. 通年事業

1) 認定医・専門医筆記試験の準備と実施

令和元・2年度  修練医・認定医・専門医認定委員会 
1. 構成
委員長 大久保力廣(鶴見大)
副委員長 南 弘之(鹿児島大)
委 員 越智守生(北医療大),木本克彦(神歯大),小川 匠(鶴見大), 上田康夫(北海道大),藤井規孝(新潟大),淺野  隆(日大松戸), 小峰 太(日本大),鈴木恭典(鶴見大),竹内一夫(愛院大), 田中順子(大歯大),安陪 晋(徳島大),西村正宏(鹿児島大)
幹 事 佐藤洋平(鶴見大)
2. 活動方針

1.毎年4月および10月に修練医・認定医・専門医認定委員会の開催
2.修練医,認定医,専門医,指導医および認定研修機関の資格の適否の審議
3.修練医,認定医,専門医および認定研修機関の認定
4. 専門医症例報告の査読作業
5. 指導医適格者の理事会への認定発議
6. 認定研修機関(乙)の実地調査
7. ケースプレゼンテーション審査指標の作成
8. 専門医認定証サイズ変更の検討

令和元・2年度  社会連携委員会
1. 構成
委員長 河野文昭(徳島大)
副委員長 五味治徳(日歯大)
委 員 會田英紀(北医療大),吉岡 文(愛院大),槙原絵理(九歯大)
幹 事 大倉一夫(徳島大)
2. 活動方針

1.市民フォーラムの企画・運営
2.生涯学習セミナーの企画・運営
3.都道府県歯科医師会・郡市歯科医師会との連携強化
4.HPの「補綴歯科ってなに?」改訂の検討
5.大規模災害時の補綴歯科の役割の啓発法の検討

令和元・2年度  国際渉外委員会
1. 構成
委員長 津賀一弘(広島大)
副委員長 築山能大(九州大)
委 員 近藤祐介(九歯大),松香 芳三(徳島大),荻原芳幸(日本大), 竜  正大(東歯大),古屋純一(医歯大)
幹 事 土井一矢(広島大)
2. 活動方針

以下の学会との交流協定の確認と継続の検討,演者推薦,参加者動員,海外からの参加者支援等
・Korean Academy of Prosthodontics
・Chinese Prosthodontic Society
・Indian Prosthodontic Society(研究者受入れ)
・The American Prosthodontic Society
・Indonesian Prosthodontic Society
・Pacific Coast Society for Prosthodontics(2020年学術大会への演者招聘)
・European Prosthodontic Association
・日中韓補綴学会(8th Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP ,2021年2月に沖縄で開催)
・Asian Academy of Prosthodontics
・IADR Prosthodontic Research Group(Awardの提供,Lunch and Learning演者の推薦要請への対応検討)
・Greater New York Academy of Prosthodontics(2020年,講師派遣)
・International College of Prosthodontists

令和元・2年度  規程検討委員会
1. 構成
委員長 武部 純(愛院大)
副委員長 越野 寿(北医療大)
委 員 小峰 太(日本大),飯田 崇(日大松戸),大野 彩(岡山大)
幹 事 安藤彰浩(愛院大)
2. 活動方針

1.規程等改正案および制定案に関する条文としての文章表現の確認と改正
2.学会ホームページ上の規程集の更新
3.現規程集における文言の整合性の確認と改正による規程集の整備
4. 日本歯科専門医機構への申請に伴う専門医制度に関連する規程の整備

令和元・2年度  用語検討委員会
1. 構成
委員長 岡崎定司(大歯大)
副委員長 鱒見進一(九歯大)
委 員 村上 格(鹿児島大),横山正起(日歯大),北川 昇(昭和大), 古地美佳(日本大)
幹 事 山本さつき(大歯大)
2. 活動方針

1.2019年3月に発刊された歯科補綴学専門用語集第5版の修正点の抽出作業

1)常に会員からの意見を受け入れられるシステムの構築
2)日本歯科医学会学術用語集(第2版)と用語との整合性のチェック
3)第5版の内容についてのブラッシュアップ

2. 用語集の電子化

令和元・2年度  研究企画推進委員会 
1. 構成
委員長 服部佳功(東北大)
副委員長 澤瀬 隆(長崎大)
委 員 上田康夫(北海道大),羽鳥弘毅(松歯大),橋本和佳(愛院大), 沖 和広(岡山大),今井敦子(大歯大)
幹 事 山口哲史(東北大)
2. 活動方針

1.デジタル技術を利用した災害補綴の術式整備
2.食力に関する共同研究の提案
3.草津疫学調査の活動継続と次年度以降の方針の検討

令和元・2年度  特命委員会
1. 構成
委員長 村田比呂司(長崎大)
委 員 越野 寿(北医療大),小山重人(東北大),吉川峰加(広島大)
幹 事 黒木唯文(長崎大)
2. 活動方針

1. 災害等の緊急時の補綴歯科医療(とくに有床義歯関係)の指針作成
2. 在宅での補綴歯科治療の在り方を検討
3. その他

令和元・2年度 倫理審査委員会  
1. 構成
委員長 中本哲自(朝日大)
副委員長 馬場一美(昭和大)
委 員 月村直樹(日本大),篠原光代(順天堂大:外部),真野  博(城西大:外部), 正岡直樹(東女医大:外部)
幹 事 長谷川ユカ(朝日大)
2. 活動方針

1. 倫理審査委員会をもたない医療施設および研究機関における本学会の会員が行うヒトを対象とした医学・歯学研究に対する迅速な倫理審査の実施.

令和元・2年度 利益相反委員会
1. 構成
委員長 都尾元宣(朝日大)
委 員 志賀 博(日歯大),真野 博(城西大:外部)
幹 事 岩堀正俊(朝日大)
2. 活動方針

委員会規程に則り,以下を活動方針とします.

1. 本学会および会員が産学連携活動により生じる利益相反問題を適正に管理する.
2. 研究活動を適正に推進させると同時に社会に対する説明責任を果たす.
3. 会員および本会の名誉および社会的信用を保持する.